弁護士STYLE


design By TEMPLATED

 

弁護士ってどんな仕事?

弁護士の仕事は、法律の専門家としていろいろなトラブルを法的に解決するための手助けをすることです。その過程でアドバイスや予防方法、法的な手続きなどを行います。
弁護士の仕事は、刑事事件と民事事件にわけることができます。
刑事事件はわかりやすく説明すると警察が逮捕などする刑法上の犯罪のことです。日本には公平に裁判を受ける権利が誰にでもありますので、被告人の権利を守るのが仕事になります。
民事事件の場合はそれこそ多岐にわたります。例えば相続や離婚などの家族間の問題や借金の返済や負債の回収などお金にまつわる問題、その他にも企業の権利や労働者の権利を守る仕事など、法律が関係してくるものはすべて弁護士の仕事になるといえます。

 

弁護士の相談料は?

弁護士に依頼する時に実際に発生する費用がどのくらいかかるのか心配になるかと思われます。弁護士にとって主な収入源によっても多少変化しており、個々の法律相談所によって相談料というのも多少変化しますが、その多くが初回で相談料が無料であったり、初回の30分に限り無料にしている事が多いです。
その理由としては最初から費用をかける事によって他の法律相談所に訪れる人にふるいが欠けられる事にも繋がり、相対的に少ない相談者数を取り合う事にもなります。
相談料事態にそこまで大きな額を設けているのは少数であり普通の法律相談所は5千円から1万円の相談料金にしており、弁護士費用の中の割合を比較しますとすくない金額である事が分かります。